安曇野市豊科郷土博物館

安曇野には民家の敷地内に人為的につくられた樹木が数多く見られ、これらは屋敷林と呼ばれています。屋敷林は時には樹高20m以上に及ぶ樹林を形成し、平地に点在、あるいは集落にまとまって存在し、北アルプスを背景に独特の景観をつくりだしています。では屋敷林の樹木はどのような構成になっているのでしょうか。本企画展では、実際に複数の屋敷林の樹木を調査した結果をお伝えするとともに、それらの樹木についてご紹介します。さらに空中写真などの資料から、市内の屋敷林の変遷をたどります。

会期 平成31年2月9日(土)~3月31日(日)

12月 27th, 2018

Posted In: お知らせ