安曇野市豊科郷土博物館

kids_img_07
安曇野市の有形文化財になっている、洋風建物です。

大正時代には有明温泉としてにぎわった建物ですが、温泉旅館閉鎖後の1946(昭和21年)から青少年の更生施設「鐘の鳴る丘」有明高原寮(法務省管轄)として利用されていました。

1980(昭和55年)、老朽化により取壊されることになった建物を当時の穂高町が法務省より譲り受け、現在の場所に移築しまた。現在は研修施設として利用されています。

NHKラジオドラマ「鐘の鳴る丘」は、1947(昭和22年)から600回放送されました。

戦後の荒廃した時期に問題を起おこした青少年が、この施設で更生し、再び社会に出ていく物語として、人々に明日への希望を与える物語でした。放送の折の主題歌

「緑の丘の赤い屋根 帽子の時計台 鐘が鳴りますキンコンカン メイメイ子ヤギも鳴いてます 風はそよそよ丘の家 黄色いお窓はオイラの家よ」

は、あまりにも有名で、現在でも歌える方が大勢いらっしゃます。

鐘の鳴る丘に行くと、この曲を10時・12時・15時に聞くことができます。