安曇野市豊科郷土博物館

エントランスホール

安曇野を南方向から見た絵地図を中心に、泉小太郎と八面大王のタペストリーが皆様をお迎えします。

エントランスホール

生痕化石(レプリカ)

生痕化石(レプリカ)

タペストリーの下には、大口沢で発掘された生痕化石。動物が這った跡や、エビ・カニなどの仲間の甲殻類の巣穴などをはっきり見ることができます。今から1300万年前の安曇野が海の底だった時代をあなたの眼で確認してみてください。


イエの祭り

私たちの生活にリズムとメリハリをつけてくれる「まつり」。常設展示室の左側ドアを開けると、昭和30年代の農家の生活や農耕の様子が眼に入ると同時に、どこからか祭囃子が聞こえてきます。

イエの祭り
日常の暮らし

日常の暮らし

目の前の民家のお勝手に上がってみてください。昭和30年代、飯台を使って食事をしていた当時を再現してみました。飯台の引き出しには、一人一人の食器が入っています。箱膳の名残りとみることができるでしょう。引き出しの中には、小さなパネルが入っているので、それも見てくださいね。竈と流し・水瓶もお見逃しなく。

昭和30年代のテレビではありませんが、液晶テレビが部屋のすみにありますのでスイッチを入れてビデオも見てください。

entrance_thumb_05

縁側に腰かけてみれば

お勝手の縁側に腰かけてみれば、目の先には我が家の田んぼが広がっています。日々、稲の育ち具合をみながら、水の管理や田の草取りなどをしました。

塀を開けてみて…

塀を開けてみて…

ここは我が家の私的な空間。漉し井戸があり、井戸から五右衛門ぶろに水を組み入れて風呂を立てます。着替えた下着などが物干しにかかっています。そして奥には安曇野に多く見られる屋敷林が広がります。屋敷林の木を枝打ちして焚き物にしたり、落ち葉は焚き付けにしたり、堆肥と積んで肥しにしたりしたそうです。

仏壇と神棚

仏壇と神棚

昭和30年代の農家には、ご先祖様をまつる仏壇と氏神様などを祭る神棚があって、毎朝お水やお茶・ご飯をお供えし、家族の無事を祈ってお参りしました。

盆

安曇野では月遅れの8月を盆月といい、8月13日から16日を盆の期間と考えています。この一年間に亡くなった人がいる家では、とくに丁寧にミタマをまつり、昔は栗尾の満願寺まで仏迎えに行ったといいます。家々では、仏様を迎えるために盆棚を作り、盆のご馳走も作って盆棚にお供えします。

正月

正月

盆と正月は一年の内の大切な祭りの日。安曇野では、正月様(歳神様)をまつるために12月の半ばごろから準備をはじめ、大晦日の夜は一年で一番盛大なご馳走をして年神様に供え、自分たちもいただいて共に時間を過ごします。この夜まつるのは、神様だけでなくご先祖様にも「ミタマのメシ」を供えておまつりします。この一年亡くなった人がいる家では「アラミタマ」の見舞いを受け、正月はしません。

小正月

小正月

1月13・14・15日は、小正月。大正月と同じようにご馳走をして、神様にお供えします。14日には繭玉や稲の花などを、米の粉や餅で作って、神棚や床の間などに飾ります。繭や稲がこんなふうに豊作であってほしいと願っての祭りです。そして15日には正月飾りを全部はずして、三九郎を作って燃やし、歳神様を送ります。

蚕神をまつる

蚕神をまつる

2月初午の頃、各地で繭の豊蚕を願って蚕神様の祭りが行われます。安曇野は第二次世界大戦前、良い蚕種の一大産地として名を馳せました。違蚕にならないよう、蚕神の祭りもきちんと行われていました。戦争中桑畑が食糧生産のための畑に変わり、養蚕も下火になってしまいました。

田の神をまつる

田の神をまつる

4月も半ばごろになると、苗代を作る準備が始まりました。苗代を作ることを苗代をしめるといい、種をまいて苗代しめが終わると、田の水口にケーカキボーを立てその上にヤコメを供えました。ケーカキボーに田の神様が座っているなどといいました。ケーカキボーは小正月の小豆粥を作るときに使った箸です。

案山子あげ

案山子あげ

稲の収穫が終わると(あるいは旧暦十月の十日夜とも言われています)、案山子を家にあげて牡丹餅などを作ってお供えします。案山子(実は田の神)はこの牡丹餅をカエルに背負わせて山へ帰っていくといわれています。また、翌年の春里に下りてきて、田んぼを見守ってくれるのです。

七夕

七夕

七夕は星の祭り?いえいえ、それだけではなく、いろいろな要素をもっています。一番は畑作物の収穫儀礼の要素でしょうか。七夕にまんじゅうや小豆ホウトウを作って供えますが、これは新しく収穫された小麦粉を使って作られるのです。
七夕にいろいろなものを洗うと良く落ちるとか、水浴びをすると一年間の眠気を流すなどとも言われていますが、盆を迎える禊と考える説もあります。七日盆などといい、お墓の掃除をするところが多くみられます。

ムラの祭り

ムラの祭り

家々の祭りスペースから6枚のバナーをくぐると、そこはムラのお祭り会場。安曇野の代表的なオフネ祭りが繰り広げられています。左壁面には川・山の間にあるのムラのオフネが展示されています。そして正面には穂高神社のオフネ祭りが・・・。あっ振り向くと一日市場の御柱もあります。神を迎え、神とともに過ごし、神を送る、祭りのひと時に浸ってみてはいかがでしょうか。

こんなにあるオフネ

こんなにあるオフネ

一口にオフネといっても、ムラによってその作り方などは異なっています。ともかく、安曇野のオフネ、比べて、見て、楽しんでください。

でかっ!!!オフネってこんなに大きいの?

住吉神社から提供いただいたオフネの幕。実際にはもっと大きいのですが、これでも十分迫力を楽しんでいただけるかと思います。オフネと背比べしてみてください。

穂高神社のオフネ祭りをちょっと体験

穂高神社のオフネ祭りをちょっと体験

動画で穂高神社のオフネをお楽しみください。

御柱?

御柱?

御柱というと諏訪大社の御柱を想像しますが、形態もまつり方も異なる御柱。安曇野の三郷・豊科・穂高・堀金地区と、松本市の内田地区などに見られるものです。ここでは一日市場東村の御柱を見ていただきます。男性と女性を象徴したツクリモノで、豊作を祈る祭りです。

庚申講

庚申講

ムラの祭りにもいろいろありますが、庚申講は構成の仕方もいろいろ。この講に属する家々が、葬式のお手伝いをする基本単位となっていました。穴掘り、ご馳走作り、参列者の接待などなど。この講がなければ葬式ができないといわれていましたが、自宅葬がなくなり、講も自然に衰退して名ばかりになっているムラが多くなりました。

風の神送り

風の神送り

風は風邪でもあり、その他のあらゆる病気も含まれます。藁人形にすべての悪いものを封じ込め、村境の崖まで送り出しました。

お祭りといえば…

お祭りといえば…

そうです!ご馳走が食べられる日でもありました。昭和30年代のお祭りの日のご馳走を再現してみました。イゴ(エゴ)は、地域によって食べる地域食べない地域があります。鯉は祭りの日だけでなく、産婦の乳の出をよくするためにも調理されたようです。

安曇野を俯瞰する‥‥

安曇野を俯瞰する‥‥
MATSURI見ていただいていかがでしたでしょうか?お帰りになる前に床面をご覧ください。安曇野絵地図です。山に囲まれている安曇野ですが、実は川や道の向こうは海に続いているのです。狭い世界ではなく、広い広い世界へとつながる開けた空間が安曇野なのです。そこにはいろいろな歴史や習俗や人々の思いが積み重なって、現在の安曇野を作り上げているのです。


MATSURIへのいざない

信濃の国は十州に境を接し、そのまんなかに安曇野は位置します。当然、海はありませんが、その海のない安曇野で、船をかたどった山車を引き回す「オフネ」祭りが行われています。昔、安曇野は湖だった、そこをけやぶって水を海に流し、人が住めるようにしたという泉小太郎の伝説は、安曇野と海とのかかわりへと私たちの想像をかき立てます。安曇野は安曇野として独立した狭い世界としてあるのではなく、海へ、そして世界へとつながっています。

常設展のテーマをMATSURIとローマ字であらわしたのも、そうした広い世界の人々とのつながりを考え、みんなに「まつり」と読んで(呼んで)いただけることを意図したものです。MATSURIはムラの祭りだけではありません。日々の暮らしの安寧(あんねい)を願って、イエそれぞれでも折々にMATSURIが行われます。

ここに展示したさまざまなMATSURIをご覧いただき、安曇野という場所の歴史や人々の暮らしぶりや文化の深さなど、いろいろな面に関して何かを感じていただければ幸いです。
皆様のお越しをお待ちしております。

学芸員 宮本尚子