安曇野市豊科郷土博物館

2020年10月17日、雨のそぼ降る中、満願寺展Ⅰの現地見学会「栗尾道から死出乃山、そして満願寺」を開催しました。

晴天で暖かかった前日から一転して寒い日となりましたが、楽しみにしていた方も多かったようです。

参加の皆さまは、防寒・雨対策をしっかりして来てくださいました。

原館長の説明を聞きながら、明治時代に描かれた満願寺の図と現在の栗尾道を歩いてみることで、当時の様子を想像することができたかと思います。

コロナ禍のなか、思うように博物館講座が開催できませんが、参加された方には楽しんでいただけたことでしょう。

展覧会をまだご覧になっていない方は、ぜひご来館、ご観覧ください。

微妙橋を渡る
微妙橋を渡る
手前に見えるのは烏帽子岩手前に見えるのは烏帽子岩

更新日: 2020年10月17日