安曇野市豊科郷土博物館

博物館の建物の北、ちょっと目立たない場所ですが、早咲きの桜があります。

昨日は3分咲きくらいでしたが、今日はあたたかくてほぼ満開に近くなっています。

花弁は比較的大きく、全体的に華やかな桜です。

樹種は、花弁の大きさやがく片の形などから、栽培品種のコシノヒガンと思われます。がくの筒の部分の大きな膨らみが特徴のひとつ。

コシノヒガンは多様な雑種が含まれており、この花は色が濃いようです。

 

ソメイヨシノは、ほころびはじめた頃。

このコシノヒガンで一足早い桜の花見を楽しめます。



更新日: 2020年4月3日