安曇野市豊科郷土博物館

2月22日(土)、博物館学習室にてアクマタリエワ・ジャクシルク氏をお招きして講演会「キルギス語と日本語の異同~旅をしてきたキルギス人がみた文化的背景~」を開催しました。

 

当日は、会場がいっぱいになるほど大勢の聴講をいただきました。

ジャクシルク氏の流ちょうな日本語にも驚かされましたが、キルギスと日本の意外なつながり、遊牧民の暮らしや文化など、とても楽しい、キルギスに行ってみたくなる素敵なお話しを聞かせていただきました。

キルギスの雄大な自然の写真を見て、会場の方からも「行ってみたい」という声があがりました。

旅することで出会うことのできる異文化の魅力。

「旅に出よう」という気持ちになれるひと時をありがとうございました。

ジャクシルク氏講演 (1)

 

ジャクシルク氏講演 (2)


更新日: 2020年2月26日