安曇野市豊科郷土博物館

豊科郷土博物館では、毎年、安曇野市内のすべての小学校を訪れて、小学校3年生を対象に「昔の暮らし体験教室」を行っています。

はじまりは平成11(1999)年度の旧穂高町時代から、今では当博物館の軸のひとつともいえる事業となっています。

今年は1~2月にかけて、10校28クラスを対象に実施しています。

教室に入ってきた子どもたちは、ずらりと並ぶ昔の道具とスタッフのお話に興味津々です。

昔の暮らしっていつのこと?

これはなんに使っていたんだろう?

これらを手に取って使ってみることを通じて、昔の暮らしを体験し、まだ化石燃料がなかった時代の知恵や工夫を垣間見ることができます。着るものひとつでも、子どもたちにとっては新鮮で楽しそうです。

終わった後は、学校の授業だけでなく、お家に帰ってからおじいちゃんおばあちゃんに話をすることでぜひ学びを深めてほしいと伝えています。

寒い日が続きますが、職員もたくさんの荷物を車に詰めて、子どもたちの笑顔やびっくりを楽しみにしながら、がんばっています!

IMG_9106

IMG_9087

IMG_9083

IMG_9069


更新日: 2020年1月29日