安曇野市豊科郷土博物館

今年度のこたつ講座は、8回シリーズで開催しています。

1月25日(土)は、長野県立歴史館信州学講座と共催で「室町時代諏訪信仰を広めたのは誰だ?」が開かれました。講師は、県立歴史館学芸員の村石正行先生です。

安曇野にも多くの諏訪社がありますが、諏訪神社は全国に25,000もあるそうです。なぜこんなに多いのでしょうか?室町時代にさかのぼり、武士との関わりを古文書をひもときながら講義していただきました。

 

DSC03733

DSC03738

 

 

安曇野のみならず、遠方からも多くの方に足を運んでいただきました。ありがとうございました。

こたつ講座、このあと2~3月と続きます。詳しくはイベント情報をご覧ください。

 

 


更新日: 2020年1月29日