安曇野市豊科郷土博物館

寒さが募る季節、こたつを囲むようなアットホームな感覚で、学芸員や職員がとっておきのテーマでお話しするこたつ講座。

先週からスタートして、今年は3月まで8回企画しています。チラシはこちら

今日は、倉石あつ子による「仏迎えに行く寺 満願寺~善光寺~そして・・・」というタイトルで開催しました。

人が死を迎えるとき、現在は医療の場であることが圧倒的に多いのですが、その昔、人々は死をどのように受け止め、死者をどのように送っていたのでしょうか。

そして新盆には、安曇野にある満願寺へ広い範囲から仏迎えのために人々が集まりました。(満願寺は来年の企画展で取り上げていきます、乞うご期待!)

みなさん、ご自分の経験も交えながら興味深く聞いてくださっていました。

ぜひこのあとのこたつ講座も、お気軽にご参加ください。お待ちしています。

DSC03688

 

 

 


更新日: 2019年12月21日