安曇野市豊科郷土博物館

博物館では、大切な収蔵品を虫やカビなどから守るために燻蒸を行います。

大規模なものは年に1回実施しているのですが、今年はテントによる燻蒸を実施しました。

テントはなんとなく小さく見えますが、ぎっしり詰めると意外とけっこうたくさんの物が入ります。

動物の剥製や衣類、植物性の素材のもの、古い文書などがこの中に積まれています。

 

今年も無事に作業が終了しました。

しばらくお休みをいただきましたが、本日よりまた通常通り開館いたします。

ご来館をお待ちしています。

 


更新日: 2019年5月31日