安曇野市豊科郷土博物館

豊科郷土博物館では、夏季企画展に合わせた講演会を開催します。

近頃は、さまざまなメディアで「シューカツ(終活)」という言葉を見かけます。超高齢化社会を迎え、人生の終末をどのように迎えるのか「自分らしい終末」や葬儀・墓など死後の始末などを考える方が多いことがわかります。

しかし、今、実際に「シューカツ」をするにあたり、どのような問題や課題があるのか。そしてその壁をどのように乗り越えるのか。ご自身の「終末活動」を含めてお話しいただき、これからの「シューカツ」を考える機会とします。

演題   「私の終末活動」

講師   福澤 昭司 さん(長野県民俗の会会員)

日時   7月22日(日)午後1時30分~3時

会場   豊科郷土博物館 2階学習室

定員   50名(先着順)

参加費  無料(要入館料)

申し込み 不要

詳しくは豊科郷土博物館(電話0263-72-5672)まで

 

また、この日の午前中には、同会場にて民俗学の研究発表もございます。

一般の方にもご参加いただけます。

演題   「山形村における婚礼について~ふるさと伝承館所蔵婚礼関係資料を中心に~」

発表者  大島 幸子 さん(山形村教育委員会)

日時   7月22日(日) 午前10時30分~12時

会場   豊科郷土博物館 2階学習室

参加費  無料(要入館料)

申し込み 不要

詳しくは豊科郷土博物館(電話0263-72-5672・宮本)まで

 

7月 18th, 2018

Posted In: お知らせ, 募集